NOVA英会話の倒産危機の事件の真相とは?

未分類

英会話で一時期CMなどでも有名だったNOVAについて

大きな事件がいくつもあったことは知っていますか?

 

 

昔は英会話スクールも少なく選択肢も少なかった時代でした。

 

 

ライバルも少なかったため、多額の広告費をかけてメディアに露出して多数の生徒を獲得するために

英会話スクール同士で争いが起こっていました。

 

 

 

そのメディア露出が一番多かったのがNOVAでした。

 

 

 

「いっぱい聞けて、いっぱいしゃべれーる」

とかわいいキャラクターが言ってるCMをあなたも一度は耳にしたことがあると思います。

 

 

 

そのNOVAが実は過去に大きな事件を起こしていました。

今回はその事件の真相を簡単にわかりやすく説明させていただきたいと思います。

 

 

 

あなたが今どこかの英会話スクールを受けようとしているのであれば

知っておいてほしい内容なのでせひ見てみてくださいね。

 

 

 

事件は大きく2つあります。

順に説明していきますね。

NOVA倒産危機事件その1 解約金問題

まず前提として知ってしてほしいのがNOVAの解約時のシステムです。

NOVAではポイント制を導入していました。

 

 

 

ポイントを購入してレッスンを受けることができます。

ここでの大きな問題として

多くのポイントを購入するほレッスンの料金が安くなるというものです。

 

 

 

その為、受講者は多くのポイントを購入します。

これは他の契約でもよくあるやつですよね。

 

 

 

長い契約をした方が安くなる。

多く買ったほうが安くなる。

そういうシステムです。

 

 

 

それで多くのポイントを購入した人がなにかの理由で退会する時に事件は起こりました。

 

 

 

解約時に買ったポイントを買い取ってくれる制度があるのですが

割引でポイントを購入したのに割引された分が返金されなかったのです。

 

 

 

当然受講者は文句を言います。

文句を言われるがNOVA側はそういうシステムですと押し通す。

 

 

 

その結果不満を抱えている解約者が訴訟を起こします。

その結果その差額の金額を解約者に返金することになりました。

 

 

 

多数の生徒を抱えていたNOVAは当然多額の金額を支払うことになるので

大打撃を受けます。

 

 

 

この時の実際に解約者に払われた金額が16億円です。

 

 

 

この時に解約金の問題で国民生活センターに問い合わせがあったのが約1800件なので

相当な大きな問題になってしまいました。

 

 

 

これが少数であればNOVA側も抑え込めたかもしれませんね。

結果会社にお金がなくなるので倒産の危機に追い込まれるという話です。

 

NOVA倒産危機事件その2 講師への給料未払い問題

これは先ほど説明した解約金問題とつながってくる問題でもあるのですが

お金がなくなってしまったNOVAの会社には多数の講師を雇っています。

 

 

 

その講師に払う給料がなくなってしまったのです。

解約金問題は世間を騒がすほどの事件だったためにNOVAの入会者も減りました。

その結果新しく入会する人がいないので会社にお金が入らなくなってしまいました。

 

 

 

その結果給料が払えなくなってしまったのです。

ここでいう講師というのは外国人講師です。

 

 

 

400人ほどの講師に未払いが発生していました。

金額にして約1億円です。

NOVAの倒産危機の流れのまとめ

今回2つの大きな事件を説明させていただきましたが

会社のお金がなくなったのが原因です。

 

 

 

お金の管理は会社を運営していく中では一番重要であり

そこを怠ってしまったために招いた事件です。

 

 

 

ただ私がもっとも気になる点は一番の原因である解約金事件ですが

なぜそんなに解約者が多かったのかという点です。

 

 

 

授業内容に問題がなく満足していれば解約希望者もいなかったと思います。

 

 

 

これは私の推測ですが、解約希望者が初めから多かったわけではなく

一部のやむを得ず解約をした人と会社で問題が発生して

噂が広まり不信感を覚えた生徒が更に解約することになり解約者が増えたのだと思います。

 

 

 

しかも広告費に多額の費用を使っていなければ解約者への返金もできたはずです。

 

 

 

あなたが今から英会話スクールの受講を考えているのであればよく考えてスクールを選んでほしいです。

 

 

 

このNOVAの事件がきっかけで多くの英会話スクールは同じような間違いを起こさないように

資金管理もしっかりするようになったはずなので英会話スクール全体としては良い教訓になった事件だと思います。

 

 

 

 

 

 

最新英会話スクール3選
イングリッシュブートキャンプ

たった20時間で喋れるを約束。
海外短期留学より成長する2日間の英会話国内留学体験ができます。
イングリッシュブートキャンプは洗練されたプログラムにより、短期海外留学でも得られない程の圧倒的成果を保証しています。

トライズ(TORAIZ)

トライズなら1年間で英語が話せるようになります。
満足度97.9% 継続率91.7% 驚異の満足率と継続率を誇るトライズです。
英語をマスターするのは決して簡単ではない。マスターには1000時間の勉強が必要。
トライズではその1000時間を勉強できる最高のサポート環境を用意しています。

ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)

トレーニングジムでおなじみのライザップですが英会話でもストイックなライザップイングリッシュ。
ライザップ独自の勉強法で結果にコミットします。
本気で英会話を学びたいならライザップイングリッシュがオススメです。

未分類
pha68833をフォローする
English-Echo.moB

コメント

タイトルとURLをコピーしました